フォートナイト

プライベートマッチをホストするには

2020.3.20
作成 Fortnite Competitiveチーム

プライベートマッチをホストするには

条件

  • ホストアカウントの2段階認証が有効になっていること
  • 事前にFortnite Competitiveチームにより、アカウントに対してプライベートマッチを開催する権限が与えられていること
  • ホストとプレイヤー全員が同じ地域でプレイしていること
  • ゲームを配信している場合は、パスワードが見えないようにすること。意図しないプレイヤーがプライベートのマッチに参加してしまう原因になります
プライベートゲームをホストするには
  1. 設定において、参加者全員と同じサーバー地域が選択されていることを確認する
  2. 画面右下で、希望するゲームモードを選択する
  3. ゲームモード選択画面の右下にある「カスタムマッチ」ボタンを選択する
  4. 任意のパスワードを入力して、「決定」をクリックする。パスワードのルールについては本ガイドの下部をご確認ください。
  5. 「プレイ」を押して、全てのプレイヤーがステップ4において設定したを使用してゲームに参加するまで待機する。
    • ホストには、何名のプレイヤーが待機しているかが表示されます。
    • マッチが開始されると、ロビーは閉じられます。新たにプレイヤーが参加することはできず、参加しようとしたプレイヤーにはエラーメッセージが表示されます
  6. ホストは、「マッチを開始」ボタンを押すことで手動でゲームを開始することができます。
CustomMatch-Host.gif

ゲームに参加するには
  1. 全てのプレイヤーがホストと同じ地域であることを確認する
  2. 画面右下の「ゲームモードを選択」画面へ移動する
  3. 画面の右下にある「カスタムマッチ」ボタンを選択する
  4. トーナメント管理者により通知されたパスワードを入力する
    • 注: パスワードの大文字と小文字は区別されます
  5. 「プレイ」を選択してマッチが開始されるまで待機する
CustomMatch-Player.gif

パスワードのルール
  • パスワードは4~16文字であること
    • パスワードに特殊文字を使用することはできません
  • 同じパスワードを繰り返し使用することを避けること
    • 注: 「1234」のような単純なパスワードを設定すると、無効とするエラーが発生する場合があります。イベントに参加する予定ではないプレイヤーでも簡単に推測できてしまうからです
  • >配信している場合は、パスワードが見えないようにすること。意図しないプレイヤーがプライベートのマッチに参加してしまう原因になります

推奨事項
  1. イベント開始の準備ができ次第、全てのプレイヤーがパスワードを通知され、マッチに参加する準備ができていること
    • マッチが開始されると、追加でプレイヤーを参加させることはできません。マッチの開始後に参加しようとしたプレイヤーにはエラーメッセージが表示されます
  2. プレイヤーが、ゲーム設定にてホストと同じサーバー地域とプレイリストを選択していることを確認する
    • 異なるサーバー地域やモードを選択したプレイヤーは参加することができず、エラーメッセージが表示されます
  3. パスワードが長すぎると、プライベートマッチの作成に失敗する場合があります(エラーメッセージが表示されます)。繰り返しになりますが、パスワードは最少4文字、最大16文字にする必要があります

トラブルが発生していますか?
カスタムマッチの参加に問題が発生している場合は、下記の手順をお試しください。
  • 設定にてゲームモードに「バトルロイヤル」が選択されていることを確認して、もう一度参加できるかを試す
  • チームゲームモードの場合は、パーティーリーダーを変更してから、もう一度参加できるかを試す
  • ゲームを再起動して、最新バージョンを使用しているかを確認してから、もう一度参加できるかを試す
FAQ
  • 私もプライベートマッチの作成をすることは可能でしょうか?
    • プライベートのマッチメイキングの権限を与えられたアカウントのみがプライベートマッチを作成できます。トーナメントの企画案を記載の上で、tournamentrequests@epicgames.com までメールにてご連絡ください。
  • マッチに待機しようとするとエラーメッセージが表示されます…
    • 全てのプレイヤーが同じ地域に接続していることを確認してください。サーバー地域を変更する手順は、上の動画にて紹介されています。(北米-東部/ヨーロッパ/北米-西部など)
    • ホスト(プライベートマッチ作成の権限のあるアカウント)がまず先にマッチの待機列に加わる必要があります。待機が完了し、「プレイ」ボタンの上に「待機リストのプレイヤー」UIが表示されれば、他のプレイヤーも待機することができます。
    • カスタムキーは4~16文字である必要があります
    • ホストとプレイヤー、両方のキーを入念に確認してください。まだ問題が発生する場合は、別のキーを試してください
    • エラーの内容をEpicへご報告ください。ご報告の前に、ホストとプレイヤー全員のログをご準備ください。
  • プライベートゲームでは、ストームや武器のドロップ率などの設定を調整することは可能でしょうか?
    • 調整することはできません。プライベートマッチは、配信中のプレイリスト選択画面にあるプレイリストに限定されます。例として、期間限定モード「ブリッツ」が配信されていなく、プレイリスト選択画面にない場合は、期間限定モード「ブリッツ」を使用したプライベートマッチをホストすることはできません。
  • プライベートマッチに参加してほしくないプレイヤーをキックすることは可能でしょうか?
    • 残念ながら、プライベートマッチにはプレイヤーをブラックリストに登録する機能がありません。ロビーのパスワードの管理にはご注意ください。パスワードを知っているプレイヤーなら誰でも参加ができてしまいます。
  • ログはどうすれば取得できますか?
    • 「Windows」キーと「R」キーを同時に押す→「appdata」と記入する→「Enter」キーを押す→次の通りにフォルダを移動する「Local → FortniteGame → Saved → Logs」
    • *注: どのログを取得するべきかわからない場合は、日付でソートし、問題が発生した日の全てのログをzipに圧縮してください