ロケットリーグの Steamコントローラ設定

Steamコントローラ設定は、『ロケットリーグ』の入力を『ロケットリーグ』ではなくSteamで処理できるようにするものです。 これにより、SteamのBig Pictureモードを使って、ゲーム内の操作を割り当て直すことができます。 入力機能の差は予期されていません。

注:以下の手順を実行すると、奇妙な挙動が見られる場合があります。 その際はSteamを終了し(「Steam」のメニュータブをクリックし、「終了」を選択)、再度この手順をお試しください。 問題が解決しない場合は、Steamサポートにトラブルシューティングを依頼する必要があります。

Steamコントローラ設定を有効にするにはどうすればいいですか?

  1. Steamで「Steam」のメニュータブをクリックします。
  2. 「設定」を選択します。
    steam_settings.png

  3. ポップアップボックスで「コントローラ」を選択します。
  4. 「一般のコントローラ設定」のボックスをクリックします。
    general_control_setting.png

  5. お使いのコントローラーの種類にチェックを入れます。
    ps_configuration_setting.png

  6. 右上のアイコンをクリックして「Big Pictureモード」を開きます。
    BPM.png

  7. 「ライブラリ」ボタンをクリックします。
    Library.png

  8. 『ロケットリーグ』を選択します。
  9. 「ゲームの管理」を選択します。
  10. 「コントローラ設定」を選択します。
    Manage.png

  11. 「設定を閲覧」ボタンをクリックします。
    browse_config.png

  12. 「推奨」セクションでPsyonix Incの「(Legacy) Official Psyonix Bindings」(公式のPsyonix割り当て)を選択します。
    『ロケットリーグ』標準操作方法割り当てには既に対応していません。これらの割り当てを使用しているプレイヤーは引き続き使用することができますが、新しいボタン(例:期間限定モード「Knockout」用)は表示されません。
    SCC1.PNG

  13. 「設定を適用」ボタンをクリックします。
    SCC2.PNG

Steamコントローラ設定を無効にするにはどうすればいいですか?

  1. Steamで、右上の「Big Pictureモード」ボタンをクリックします。
    これにより、SteamのBig Pictureモードが全画面で開きます。
    stteam_big_picture.png

  2. 「ライブラリ」ボタンをクリックします。
  3. 『ロケットリーグ』を選択します。
  4. 左の欄にあるリストで「ゲームの管理」ボタンをクリックします。
  5. 「コントローラのオプション」ボタンをクリックします。
  6. 「Steam入力をゲーム毎に設定」のドロップダウンボックスをクリックします。
  7. 「強制オフ」を選択します。
    steam_controller_app_options.png


  8. 『ロケットリーグ』を起動し、コントローラーが認識されていることを確認します。
    注:それでも入力が認識されない場合は、『ロケットリーグ』を再起動する必要があります。

この記事で問題が解決しましたか?

お探しのものが見つかりませんか?

    お問合せ