『フォートナイト』のボイスチャットの問題はどうすれば修正できますか?

重要: エジプトにお住まいの場合は、国家によるVOIPテクノロジーの使用の禁止により、 フォートナイトでボイスチャットをご利用いただくことができません。
フォートナイトにおいてボイスチャットが機能しない場合に考えられる理由はいくつか存在しますが、 その一般的な問題を解決するトラブルシューティングをご用意しております。 

Community Issues Trelloボードを確認する

フォートナイトコミュニティチームはこのTrelloボードで最新の既知の問題などをお知らせしています。 ボイスチャットの問題も記載されている可能性がありますので、 ボード を確認してボイスチャットに関する情報が記載されていないかを ご確認ください。


Epic Gamesのサーバーの状態を確認する

こちらの Epic GamesのServerの状態 のページを確認して全てのシステムが「Operational」であることを確認してください。 ボイスチャットがシステム全体の停止に影響されている場合は、 システムの停止が解消された際に解決する場合があります。 


ボイスチャットの音量を上げる

ボイスチャットが聞こえるようにするには、音量を上げるようにしてください(50%以上)。 音量が低すぎたり、ご利用のヘッドセットやスピーカーの音量設定が低すぎると、 チームメイトの音声は聞こえません。

フォートナイトのボイスチャットチャンネルを確認する

正しいボイスチャットのチャンネルを使用していることを確認してください。 異なるプラットフォームでクロスプレイしている場合に正しくないチャンネルを使用していると、 問題が発生する可能性があります。

フォートナイトには2つのチャンネル、 パーティーチャンネル  ゲームチャンネルがあります。 チャットチャンネルはゲーム内の 「ソーシャル」メニューより切り替えることができます。

  • パーティーチャンネル では、同じパーティー内のプレイヤーとチャットが行えます (ロビーで一緒に待機したメンバー)。
  • ゲームチャンネルでは、同じチームでありながら、別のパーティーにいるプレイヤーとチャットが行えます (チーム制のゲームモードに割り当てられたメンバー)。

Xbox/PlayStation®のパーティーチャット内にいる場合は、 フォートナイトのボイスチャット機能は無効となります。 

フォートナイトのボイスチャット機能を使用したい場合は、 例えパーティーチャット内に自分しかいない場合でも、 必ずXbox/PlayStation®のパーティーチャットから脱退してください。 Xbox/PlayStation®のパーティーチャットからの脱退方法がわからない場合は、 Microsoft または Sony のサポートをご確認ください。


ペアレンタルコントロールの設定を調整する

フォートナイトでペアレンタルコントロールの設定が有効な場合は、 ボイスチャットを使用できるように調整が必要な場合があります。

ペアレンタルコントロールの設定ページで、 NGワードを非表示にするオフ ボイスチャットオンに 設定されていることをご確認ください。

ペアレンタルコントロールの詳細については、 こちらのページをご確認ください。


必要なネットワークポートを開放する

フォートナイトのボイスチャットではXMPPというプロトコルを使用しています。 このプロトコルに接続するには、ポート5222と433が開放されている必要があります。  ネットワークポートの開放に関する詳細は、 こちらをご確認ください。


Xbox Oneのトラブルシューティング

DNSの設定を調整する 

DNSの設定を調整することで、ボイスチャットの問題が解決する場合があります。 

  1. コントローラーのXboxボタンを押します。
  2. システムタブ > 設定 > ネットワーク > ネットワークの設定を選択 > 詳細設定を選択します。
  3. 既存のDNSサーバーの設定は、メモを取ったり モバイルデバイスで保存してください。設定を変更しても問題が解決しない場合は、 元のDNS設定に戻すことができるようにしましょう。
  4. DNS 設定を選択して、 手動を選択します。
  5. 下記のDNSサーバーを入力します。
    優先DNS: 8.8.8.8
    代替DNS: 8.8.4.4

    注: 必ず優先と代替の両方のDNS設定を入力してください。
  6. MTUの設定を要求された場合は1473を入力してください。
  7. 再度ボイスチャットをお試しください。 

クロスプラットフォームプレイのプライバシーとオンラインの安心設定を調節する

プライバシーとオンラインの安心設定で、 クロスプラットフォームプレイが有効であることをご確認ください。 

  1. Xbox Oneで、Xboxボタンを押してガイドを開きます。 システム > 設定 > アカウントの順に移動します。
  2. プライバシーとオンラインの安心設定 > Xbox Live プライバシー > 詳細の表示とカスタマイズ > コミュニケーションとマルチプレイヤーの順に選択します。
    注: ご家族のボイスチャットの設定する場合は、 アカウントより、 ファミリー設定 > ユーザーの管理の順に選択します。対象のアカウントを選択してから、 上記の手順2に従って設定してください。
  3. 下記のオプションの設定を選択してください。
    • Xbox Live 以外のユーザーとプレイできます
      この設定により、クロスネットワークでのプレイの可否を決定します。 ボイスチャットを使用するには許可 を選択してください。
    • Xbox Live 以外のユーザーと音声やテキストで 通信できるようにする
      クロスネットワークプレイを許可する場合、 誰と通信できるかを選択することができます。誰でもブロック、またはゲーム内フレンドのいずれかを選択します。
  4. 再度ボイスチャットをお試しください。

Xboxのキャッシュを削除する

  1. Xboxの前面にある電源ボタンを、完全に電源が切れるまで長押しします。 
  2. Xboxの背面にある電源ケーブルを抜きます。残った電力を排出してキャッシュを削除するために、Xboxの電源ボタンを数回長押ししてください。ケーブルを抜いた状態で30秒以上待ちましょう。 
  3. 電源ケーブルを再度差し込みます。 
  4. 通常の手順でXboxの電源を入れます。 
  5. フォートナイトでボイスチャットの使用をお試しください。
  6. ルーターのUPnPを有効にする

    1. ご利用のルーターのログインページに移動します。
      注:  ご利用のルーターのログインに関する情報は、 該当モデルのガイドをオンライン上で検索してください。
    2. ルーターの認証情報を入力してログインします。
    3. ルーターのUPnPメニューに移動します。
      注: このメニューへ移動する手順はルーターごとに異なります。ご利用のルーターの手順を検索してください。 UPnPが利用できない場合は、ポートフォワーディングをお勧めします。
    4. UPnPを有効にします。
    5. 変更した内容を保存します。
    6. Xbox One設定を開きます。
    7. ネットワークタブを選択します。
    8. NATタイプのテストタイルを選択します。 これでXbox OneでNATが開放されたはずです。
    9. 再度ボイスチャットをお試しください。

    PlayStation®のトラブルシューティング

    DNSの設定を調整する

    DNSの設定を調整することで、ボイスチャットの問題が解決する場合があります。 

    1. 設定 > ネットワーク > インターネット接続を設定するの順に移動します。
    2. 接続タイプを選択します。
      注: Wi-FiまたはLANが選択できます。(LANはより高速です。)
    3.  カスタムを選択します。
    4. IPアドレス設定: 自動を選択します。
    5. DHCPホスト名は指定しないでください。
    6. DNS設定手動を選択します。
    7. 下記のプライマリDNSとセカンダリDNSを入力してください:
      プライマリDNS: 8.8.8.8
      セカンダリDNS: 8.8.4.4
    8. インターネット接続を診断するを選択して、 設定の変更後にもインターネットに接続されているかをご確認ください。
    9. 再度ボイスチャットをお試しください。

    注: PlayStation®5において、 フォートナイトのロード中にボイスチャットの遮断が発生しますが、 ロード完了後には正常な状態に戻ります。


    Nintendo Switchのトラブルシューティング

    DNSの設定を調整する

    DNSの設定を調整することで、ボイスチャットの問題が解決する場合があります。 

    1. メインメニューから設定へ移動します。
    2. インターネットに移動します。
    3.  インターネット設定に移動します。
    4. 接続しているネットワークを選択し、設定の変更に移動します。
    5. DNS設定  手動に設定します。
    6. 下記の優先DNSと代替DNSを入力してください:
      優先DNS: 8.8.8.8
      代替DNS: 8.8.4.4
    7. MTUの設定は変更しないでください。
    8. Proxy設定がしないになっていることをご確認ください。
    9. 再度ボイスチャットをお試しください。

    PCのトラブルシューティング

    ボイスチャットの設定

    設定でボイスチャットが有効になっていること、 またプッシュトゥトークを使用しているかどうかをご確認ください。

    Windowsの設定で使用しているサウンドデバイスに設定されているのであれば、 入力デバイスと出力デバイスはデフォルトの設定で機能するはずです。 

    ボイスチャットが機能しない場合は、 ご利用の入力/出力デバイスを変更することができます。 

    既定のデバイスを変更するには、下記の手順に従ってください。

    1. スタートボタンをクリックします。
    2. コントロールパネル と入力し、 Enterキーを押します。
    3. サウンドをクリックします。
    4. 再生 タブで、 デフォルトとして使用したい出力デバイス(スピーカー/ヘッドホン)をクリックし、右クリックします。  表示されたメニューで、既定のデバイスとして設定 を選択しますを選択します。
    5.  録音 タブをクリックし、 デフォルトとして使用したい入力デバイス(マイク)をクリックし、右クリックします。 表示されたメニューで既定のデバイスとして設定を選択します。
    6. 適用をクリック後、   OKをクリックします。
    注: ペアレンタルコントロールが有効な場合は、 ペアレンタルコントロール の設定において、 ボイスチャットを有効にする必要があります。 ペアレンタルコントロールの設定は通常のオーディオ設定では変更できません。

    Macのトラブルシューティング

    マイクの許可

    マイクがフォートナイト内で機能するには、アクセスを許可する必要があります。

    Macでマイクを使用するには、フォートナイトにマイクのアクセスが許可されていることをご確認ください。 Appleのウェブサイトの こちらの記事 を参照して、フォートナイトにマイクの使用が許可されていることをご確認ください。


    ルーターのSIP/ALG設定を調整する

    インターネットへの接続にルーターを使用している場合、 ボイスチャットを機能させるにはSIP/ALGの設定を無効にしなければならない場合があります。 手順はモデルごとに異なりますので、ご利用のルーターの製造元にお問い合わせください。

この記事で問題が解決しましたか?

お探しのものが見つかりませんか?

お手伝いが必要なことがあればお知らせください。