原神
原神

『原神』は、miHoYoが贈る新世代オープンワールド型のアクションRPG。本作であなたは旅人となり「テイワット」という幻想世界を冒険していく。 この広大な世界を自由に旅し、個性も能力も豊かな仲間たちと共に強敵を打ち倒して、生き別れた兄妹を探そう。もちろん、目的もなく好奇心のまま探索したり、大陸に散りばめられた謎を解いたりと楽しみ方はあなた次第…… 生き別れた兄妹と再会を果たすその日まで、旅は続いていく。

原神

Ver.1.6「真夏!島?大冒険!」正式リリース!

【新キャラクター】風波流浪の紅葉・楓原万葉(風)
【新イベント】夏テーマイベント「真夏!島?大冒険!」
【新システム】塵歌壺、キャラ外観に新機能追加
【新ストーリー】秋風に舞いし紅葉
【新武器】片手剣・蒼古なる自由への誓い
【新魔物】魔偶剣鬼

オープンワールドと自由探索

『原神』は新世代オープンワールド型のアクションRPGである。「テイワット」大陸に足を踏み入れた時から、旅人は自身のスタミナと相談しつつ山々や川を越えていき、やがて果て無き美しい風景と出会うことができるだろう。もし彷徨う仙霊や奇妙な装置を見つけたら近寄ってみると良い。新たな驚きがあなたを待っているかもしれない。

元素反応と戦略

遥か遠くのテイワット大陸は、風・炎・雷・水・氷・草・岩の七つの元素が絡み合う世界。神に選ばれた者は、元素の力を操る「神の目」を授かり、強敵を打ち倒すことになっていく。
水と炎の「蒸発」反応、炎と雷の「過負荷」反応、雷と水の「感電」反応など…異なる敵に対して異なる対策を取ることが、勝利への近道となる。

高品質なアートと音楽

『原神』は透き通るような美しいアートスタイルを実現している。
リアルタイムで描画されるゲームCGと、モーションキャプチャで緻密な調整がされたキャラクターの動作が『原神』の高品質な演出を彩っていく。
24時間で移りゆく昼夜と共に、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団と上海交響楽団による華麗な演奏に耳を傾けてみてはいかがだろうか。

豪華声優陣が続々出演(五十音順)

井澤詩織、石見舞菜香、上田麗奈、内田真礼、内山昂輝、逢坂良太、大原さやか、小澤亜李、小野賢章、加隈亜衣、喜多村英梨、鬼頭明里、木村良平、釘宮理恵、久野美咲、古賀葵、小清水亜美、小原好美、斉藤壮馬、斎藤千和、佐藤利奈、島﨑信長、高尾奏音、たかはし智秋、高橋李依、田中理恵、田村ゆかり、鳥海浩輔、野島健児、花守ゆみり、早見沙織、藤田茜、堀江瞬、前野智昭、増谷康紀、松岡禎丞、皆川純子、村瀬歩、悠木碧、遊佐浩二 他(敬称略)。

仲間たちと出る冒険の旅

冒険の旅の中では個性や能力の豊かな仲間たちがあなたを待っている。チームの配置を変えたり、素材を入手して仲間を強化したりし、強敵や秘境に挑戦していこう。
絶雲の頂に立ち、この世界をその目に刻む。離れ離れとなった兄妹と再会し、「原神」の謎を解き明かすその日まで旅は続いていくことだろう…さあ、行こう、旅人よ。真の冒険はここから始まるのだ。

ヘルプ・お問い合わせ

レビュー欄や公式Twitterへのご質問は個別にお答えいたしかねます。 各種お問い合わせにつきましては、下記窓口までご連絡ください。※ゲームにアクセスできない場合は、必要事項をご記入のうえ、下記メールアドレスまでお送りください。
ユーザーサポート:genshin@mihoyo.co.jp

フォローしてください

仕様

Windows
最低
推奨
OSWindows 7 SP1(64ビット)、Windows 8.1(64ビット)、またはWindows 10(64ビット)(Windows 10開発版ビルドは現在サポートされていません)
OSWindows 7 SP1(64ビット)、Windows 8.1(64ビット)、またはWindows 10(64ビット)(Windows 10開発版ビルドは現在サポートされていません)
プロセッサIntel Core i5または同等
プロセッサIntel Core i7または同等
メモリ8GB
メモリ16GB
ストレージ30GB
ストレージ30GB
DirectX11
DirectX11
グラフィックNVIDIA® GeForce® GT 1030以上
グラフィックNVIDIA® GeForce® GTX 1060 6GB以上
対応言語
  • 音声:中国語(簡体)、英語、韓国語、日本語
  • テキスト:中国語(簡体)、中国語(繁体)、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ブラジルポルトガル語、ロシア語、スペイン語(スペイン)、スペイン語(ラテンアメリカ)、タイ語、ベトナム語
© miHoYo ALL RIGHTS RESERVED.Licensed to and published by miHoYo Limited.Genshin Impact and miHoYo are trademarks of miHoYo.