ゲームには 18以上の年齢向けのアダルトコンテンツが含まれます

Fechtbuch: Real Swordfighting behind Kingdom Come
Fechtbuch: Real Swordfighting behind Kingdom Come

現実感のある中世を舞台にしたゲームには、中世の戦闘にも現実感がなければなりません。

Fechtbuch: Real Swordfighting behind Kingdom Come

ドキュメンタリーの『Fechtbuch』は、Warhorse Studiosがテーマとするユニークな体験を生み出す様子を描いただけでなく、中世の武術がヨーロッパの歴史の重要な要素のひとつであることを紹介しています。

このドキュメンタリーについて

『Kingdom Come: Deliverance』の重要な要素の1つは中世の戦闘です。これは、ゲームの他の要素と同様に、中世の戦士が実際にどのように戦ったかを表現するため、可能な限り事実に近づけるよう開発しました。ドキュメンタリーの『Fechtbuch』は、この目標を追求する過程で私たちが学んだことの記録であり、また歴史的な武術の秘密にいざなうものです。
この映像の撮影では、生き生きとした戦闘をゲームで実現させるため、チェコスロバキアを代表する剣士や武道家たちに、中世の戦闘の基本原理と技術を説明、実演してもらうよう依頼しました。私たちは、武器とアーマー、剣の戦いを教えるさまざまな学校、そして戦闘の師たちと一緒に、過去と600年後の現在の騎士道の習得における重要性を考える機会をお届けします。
本物の師が剣を手にするとはどういうことなのかをご覧ください!

Peter Koza、Tostabur & Magisterium

Peter Koza(ペテル・コザ)は、実質的に旧チェコスロバキアにおける歴史的な武術の創設者と見なされています。現代の歴史的剣士の第一世代は彼の指導のもとで生まれ、実際にチェコスロバキアの本格的なHEMA学校はすべて、舞台公演であろうと本物の再現であろうと、彼の遺産を継承しています。彼が『Fechtbuch』で語るのは、武道の精神的な面とその歴史について、また主な歴史のあるフェンシング学校のさまざまな手法の複雑さを、面白味を交えて紹介しています。

Petr Nůsek、A.R.G.O.

Petr Nůsek(ペトル・ヌーセック)は武道家ですが、チェコを代表する戦いの振付師でもあります。彼はヨーロッパやハリウッドの数々の映画に専門知識を提供し、スタントマンやスタントコーチとして働いたこともあり、時には俳優やスタント俳優もこなします。彼は『Kingdom Come: Deliverance』での戦いの振り付けや戦闘シーンのアドバイザーとして携わりました。ドキュメンタリーの『Fechtbuch』では、戦闘の振り付けについて、また武術が実際に使われていた時代とは別に、人生におけるある道筋として武術が意味するものが何かを伝えています。

Petr Vytopil、Paridon

チェコのフェンシング第一人者Petr Vytopil(ペトロ・ヴィトペル)は、ドキュメンタリー映画『Fechtbuch』で、剣の戦いの原則、特に攻撃的なドイツ流と「Vor」式について強調しています。つまり、対戦相手に圧力をかけ続け、仕掛けるチャンスを得る前にすべての動きを想定することの重要性を語っています。ドイツ流剣術とアーマーを身につけての戦闘の専門家であるPetrは、中世の剣の戦いが現在どのように再現されているかについても紹介しています。

Robert Waschka、House of Knightly Virtues(ブルノ市)

ブルノ市にあるHouse of Knightly VirtuesのRobert Waschka(ロベルト・ワシュカ)は、『Kingdom Come: Deliverance』の主任戦闘アドバイザーであり、ゲームに登場するすべてのフェンシング技術は彼の動きを基にしています。フェンシングを教えるRobertは複数の戦闘学校で、さまざまな武器やスタイルを使ったワークショップを主催しています。ドキュメンタリーの『Fechtbuch』で、彼はフェンシングに関わるようになった経緯とその意義を説明し、長身の剣の持ち方と、(敵と話し合うのが得策ではない場合)相手を攻撃する際に狙う場所についても触れています。

フォローしてください

レーティング

Game Revolution
by Jason Faulkner
“If you want an excellent, open-world RPG that feels like a hardcore version of an Elder Scrolls game, then don't hesitate.”
PC Gamer
by Andy Kelly
84 / 100
“Kingdom Come is a seriously satisfying role-playing experience set in a rich, reactive world.”
IGN
by T.J. Hafer
8 / 10
“Kingdom Come: Deliverance is an RPG that does the medieval era right with a refreshingly small-scale story and strong realistic combat.”
OpenCriticのレビュー

仕様

Windows
最低
推奨
OSOS 64-bit Windows 7 or 64-bit Windows 8 (8.1) or Windows 10
OSOS 64-bit Windows 7 or 64-bit Windows 8 (8.1) or Windows 10
ProcessorIntel CPU Core i5-2500K 3.3GHz, AMD CPU Phenom II X4 940
ProcessorIntel CPU Core i7 3770 3,4 GHz, AMD CPU AMD FX-8350 4 GHz
Memory8 GB RAM
Memory16 GB RAM
GraphicsNvidia GPU GeForce GTX 660, AMD GPU Radeon HD 7870
GraphicsNvidia GPU GeForce GTX 1060, AMD GPU Radeon RX 580
DirectXVersion 11
DirectXVersion 11
Storage70 GB available space
Storage90 GB available space
OtherSSD recommended
OtherSSD recommended
対応言語
  • AUDIO : English, French, German
  • TEXT : Chinese - Simplified, Czech, English, French, German, Italian, Russian, Spanish - Spain, Turkish, Polish, Korean, Ukrainian
© 2019 Warhorse Studios s.r.o., Kingdom Come: Deliverance® is a trademark of Warhorse Studios s.r.o. All rights reserved. Prime Matter is a division of Koch Media GmbH, Austria. Prime Matter and its respective logos are trademarks of Koch Media GmbH