ドイツ鉄道BR187形機関車
ドイツ鉄道BR187形機関車

『Train Sim World 2』で、現代の動力車の頂点であり、また長い歴史を持つ有名車両の最新世代である、Skyhook Gamesによってデザインされたドイツ鉄道BR187形機関車を体験しましょう!

ドイツ鉄道BR187形機関車

『Train Sim World 2』で、現代の動力車の頂点であり、また長い歴史を持つ有名車両の最新世代である、Skyhook Gamesによってデザインされたドイツ鉄道BR187形機関車を体験しましょう!
1990年代半ば以降、TRAXXシリーズは、ヨーロッパや他の地域で多様なニーズに応えるために開発、製造されてきた機関車です。新しいテクノロジーを採用した様々なバリエーションは、ローカルおよび国境を超えた輸送の両方においてそれぞれの役割を最適に実行できるように調整されています。
第3世代となるこのモジュラープラットフォームの最新版は、2011年から製造されています。最新の技術と頑丈なデザインを備えたTRAXX「AC3」は、ほぼどこでも運行が可能で、実際にヨーロッパ全土およびイスラエルで採用されています。ドイツでは、ドイツ鉄道がF140 AC3の110両を含む機関車の複数のバリエーションを注文しています。これらは貨物輸送に使うことができ、ドイツ鉄道BR187形機関車として分類されています。
最先端のドイツ鉄道BR187形機関車は、5600kWの出力で時速140kmを実現する、現代の動力車の最高峰です。何を運ぶにしろ、ドイツ鉄道BR187形機関車なら輸送が簡単です。今回、Skyhook Gamesのおかげで『Train Sim World 2』での操縦が可能になりました!ケルン〜アーヘン間の利用客の多い路線で重要な輸送サービスの主導権を握り、また代替車両やScenario Designer(シナリオデザイナー)を通じて、ドイツ鉄道187形機関車をその他の路線でも活用しましょう。

主な特徴

  • ドイツ鉄道BR187形電気機関車(DB Traffic Redカラー)
  • 実物に忠実な性能と操作性を備えた精密かつ機能性の高い運転室
  • Habbins 334形、Roos-T 645形、 Shimms-TTU 772形、Shimms-U 708形ワゴンが含まれます
  • ケルン〜アーヘン高速線用のJourney Mode(旅モード)チャプター
  • ケルン〜アーヘン高速線用のわかりやすいTraining Module(トレーニングモジュール)と手応えのある詳細な4つのシナリオ
  • ケルン〜アーヘン高速線用のTimetable Mode(タイムテーブルモード)で操作可能
  • Livery Designer(カラーリングデザイナー)とScenario Planner(シナリオプランナー)に対応
  • Dovetail Gamesの専有技術であるSimuGraph®ビークルダイナミックエンジンと、Unreal Engine 4®技術を搭載しています

仕様

Windows
最低
推奨
OS64ビットWindows 7 Service Pack 1、Windows 8 / 8.1またはWindows 10
OS64ビットWindows 7 Service Pack 1、Windows 8 / 8.1またはWindows 10
プロセッサIntel Core i5-4690(3.5GHz)またはAMD Ryzen 5 1500X(3.7GHz)
プロセッサIntel Core i7-4790(3.6GHz)またはAMD Ryzen 7 1700(3.8GHz)
メモリ8GB
メモリ8GB
ストレージ20GB
ストレージ20GB
DirectX10
DirectX10
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 750 TiまたはAMD Radeon R9 270(2GB VRAM以上)
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 970またはAMD Radeon RX 480(4GB VRAM以上)
その他マウスおよびキーボードまたはXboxコントローラーが必要です
その他マウスおよびキーボードまたはXboxコントローラーが必要です
ログイン
Epic Gamesのアカウントが必要です
対応言語
  • 音声:英語、フランス語、ドイツ語
  • テキスト:英語、中国語(簡体)、フランス語、ドイツ語、ポーランド語、ロシア語、スペイン語(スペイン)、イタリア語
©Dovetail Games, a trading name of RailSimulator.com Limited (DTG).Dovetail Games and Train Sim World are registered trademarks of DTG.All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used here with permission.Developed and published by DTG.『TSW』の「Options」メニューから、すべてのクレジットリストにアクセスできます。