ロンドン地下鉄1938形電車
ロンドン地下鉄1938形電車

電球に照らされた居心地のよいインテリアから伝統的な操縦まで、ロンドン地下鉄1938形はあらゆる点において第一級であり、満足した乗車体験が得られます。今回Rivet Gamesのおかげで『Train Sim World 2』でベーカールー線の体験が可能になりました!

ロンドン地下鉄1938形電車

何世代にも渡って地下鉄での通勤を定義してきた、アールデコ時代を彷彿させる真のロンドンのベテラン車両を体験しましょう。足元にご注意ください。『Train Sim World 2』に、Rivet Gamesのデザインによる過ぎし日のベーカールー線のロンドン地下鉄1938形が登場します!
1935年、来る世代に対応する路面電車やバス、そして拡張工事中だったロンドン深部の地下鉄路線を走る新車両を含む、ロンドン全体の公共交通機関の近代化計画が立案されました。後者の結果が1938形であり、この車両ではすべてのけん引装置が運転室の後ろではなく車体の床下に搭載され、すべてのサービスで容量が拡大されるという、当時革新的な新しいデザインとなりました。
1938形電車の歴史は長く、ノーザン線、ピカデリー線、セントラル線、そしてもちろんベーカールー線で1980年代まで活躍していました。そのような名誉ある歴史を築いた後、さらにそのうち何両かは2両編成に縮小され、第三軌条用への改良と塗装を経て、483形としてワイト島のサウスウェスタン鉄道で2021年1月まで運用され、イギリス最古の現役客車列車として活躍しました。
この事実に加え、1938形電車の革新的なデザインは、その後何十年にも渡って後続の車両にインスピレーションを与え、揺るぎないレガシーと熱狂的なファンを築きました。
電球に照らされた居心地のよいインテリアから伝統的な操縦まで、ロンドン地下鉄1938形はあらゆる点において第一級であり、満足した乗車体験が得られます。今回Rivet Gamesのおかげで『Train Sim World 2』でベーカールー線の体験が可能になりました!

主な特徴

  • ベーカールー線で運行した当時の「1938 Tube Stock in London Transport」カラー
  • 実物に忠実な性能と操作性を備えた精密かつ機能性の高い運転室
  • ベーカールー線用のJourney Mode(旅モード)チャプター
  • わかりやすいTraining Module(トレーニングモジュール)と手応えのある詳細な3つのシナリオ
  • ベーカールー線用の、追加の大規模な24時間の時刻表
  • Livery Designer(カラーリングデザイナー)とScenario Planner(シナリオプランナー)に対応
  • Dovetail Gamesの専有技術であるSimuGraph®ビークルダイナミックエンジンと、Unreal Engine 4®技術を搭載しています

仕様

Windows
最低
推奨
OS64ビットWindows 7 Service Pack 1、Windows 8 / 8.1またはWindows 10
OS64ビットWindows 7 Service Pack 1、Windows 8 / 8.1またはWindows 10
プロセッサIntel Core i5-4690(3.5GHz)またはAMD Ryzen 5 1500X(3.7GHz)
プロセッサIntel Core i7-4790(3.6GHz)またはAMD Ryzen 7 1700(3.8GHz)
メモリ8GB
メモリ8GB
ストレージ20GB
ストレージ20GB
DirectX10
DirectX10
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 750 TiまたはAMD Radeon R9 270(2GB VRAM以上)
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 970またはAMD Radeon RX 480(4GB VRAM以上)
その他マウスおよびキーボードまたはXboxコントローラーが必要です
その他マウスおよびキーボードまたはXboxコントローラーが必要です
ログイン
Epic Gamesのアカウントが必要です
対応言語
  • 音声:英語、フランス語、ドイツ語
  • テキスト:英語、中国語(簡体)、フランス語、ドイツ語、ポーランド語、ロシア語、スペイン語(スペイン)、イタリア語
©Dovetail Games, a trading name of RailSimulator.com Limited (DTG).Dovetail Games and Train Sim World are registered trademarks of DTG.All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used here with permission.Developed and published by DTG.『TSW』の「Options」メニューから、すべてのクレジットリストにアクセスできます。