てんかんに関する警告

健康のためのご注意

光の刺激によって引き起こされる発作について
点滅する画面や、繰り返し表示される模様など、ゲーム中の視覚映像によって、まれに発作が起きることがあります。これまでに発作を起こしたことのない方でも、ゲーム画面によって、光感受性発作と考えられる症状が出る場合があります。
立ちくらみ、視覚異常、目や顔のけいれん、手足のけいれんまたは震え、見当識障害、混乱、一時的な意識障害など、症状は様々です。
発作が原因で失神やけいれんを起こし、転倒したり、近くにある物にぶつかったりしてケガをする恐れもあります。
上記のような症状が出た場合は、すぐにプレイを中止して、医師の診察を受けてください。小さなお子様や未成年の方は、大人よりも発作を起こしやすい傾向があります。保護者の方は目の届くところでご覧になるか、お子様に症状が出ていないかご確認ください。光感受性発作の予防策として、以下の点にご注意ください。明るい部屋で、できるだけ小さなテレビを使い、画面から離れて座りましょう。睡眠不足のときや疲れているときはプレイを避けてください。
ご自身や親戚の方が発作を起こされたことがある場合は、プレイする前に医師にご相談ください。