『Metro Exodus』拡張パスには、『メトロ』シリーズの最新ストーリーに続くストーリー中心のDLCが2つ含まれます。プレイヤーはアルチョムではなく、新たなキャラクターとスパルタン・レンジャーのメンバーであり、オーロラ号唯一のアメリカ人サムの目を通して世界を見ることになります。
ゲームについて
デベロッパー
パブリッシャー
リリース日
タグ
プラットフォーム

拡張パス

『Metro Exodus』拡張パスには、『メトロ』シリーズの最新ストーリーに続くストーリー中心のDLCが2つ含まれます。プレイヤーはアルチョムではなく、新たなキャラクターとスパルタン・レンジャーのメンバーであり、オーロラ号唯一のアメリカ人サムの目を通して世界を見ることになります。
2人の大佐 – 2019年夏
死の街となったノボシビルスクの地表のすぐ下をKhlebnikov大佐は我が家で待つ息子Kirillのもとを目指す。大晦日を共に過ごすために。
だがここに住む人々にとっては何もかもが思い通りにはいかない:スライムはトンネルを浸食し続け、今にもミュータントの攻撃が始まろうとしている。人々を放射能から守る貴重な「緑のもの」も残り少なくなっている。人々の命を預かる者たちにとっては大胆な手段に訴えるときが来たのかもしれない…
Khlebnikov大佐は死の直前の数日間、ノボシビルスクに滞在し、1年後、Miller大佐がそのことを思い起こす。この新たなチャプターにおいてプレイヤーは、Khlebnikov大佐の旅と体験をたどりながら、『メトロ』シリーズの特徴であるストーリー中心のゲームプレイを楽しむことができる。新たに火炎放射器が導入され、閉所恐怖症を引き起こすような状況のもとで『メトロ』ではすっかりおなじみのゾクゾクするような緊張感を味わうことになるだろう。
サムの物語 – 2020年始め
サムは爆弾が落とされる前にはアメリカ海兵隊員としてモスクワのアメリカ大使館に滞在していた。長い間ずっと故郷に帰る日を夢見、いつか家族に会えると信じていた。だが、地下鉄の暗いトンネルの中ではそんなことは叶うはずもないという絶望的な気分になっていた。だが、スパルタンが戦後モスクワ以外にも生き残った街があることを見つけたとき、希望を抱くことはそれほど馬鹿げてはいないように思えた。
サムはオーロラ号を去りアメリカに帰る道を探すことにする。ウラジオストクに着き、津波で破壊された港、廃墟となった工場、家々が倒壊した住宅地などを目の当たりにするサムは、故郷にたどり着くためには、サバイバルの経験を通じて学んだ知恵を総動員しなければならないことを悟る。周囲の状況は想像以上に過酷だったのだ。
プレイヤーはサンドボックススタイルのウラジオストクの過酷な環境の中でサムがたどる道を切り開かなければならない。それは核戦争後の荒廃したロシアの大地を行く新たな旅である。
私たちをフォロー
仕様
最低推奨
OSWin10 RS5(ビルド1809)以降 | Win 8.1の場合はビルド9600が必要 | Win 8の場合はビルド9200が必要 | Win 7 の場合はSP1が必要OSWin10 RS5(ビルド1809)以降 | Win 8.1の場合はビルド9600が必要 | Win 8の場合はビルド9200が必要 | Win 7 の場合はSP1が必要
CPUINTEL CORE I5-4440また同等のものCPUINTEL CORE I7-4770Kまたは同等のもの
RAM8GBRAM8GB
GPUGEFORCE GTX 670 | GEFORCE GTX 1050 | AMD RADEON HD 7870GPUGEFORCE GTX 1070 | GEFORCE RTX 2060 | AMD RX VEGA 56
VRAM2GBVRAM8GB
DIRECT X11 | 12DIRECT X12
サポートされる言語
  • 英語
  • スペイン語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • ロシア語
  • ウクライナ語
  • 字幕: チェコ語、ポーランド語、ポルトガル語, 中国語(繁体字), 中国語(簡体字), 韓国語
対象年齢:17歳以上