Milky Way Prince – The Vampire Star

虐待関係や、理想化そして愛情行為に関するビジュアルノベル。枝分かれするストーリー、歪み、突然の変化、そして自分のボーイフレンドに使う感情を選ぶ特別のメカニズムを通して、ぎくしゃくした恋の夏を過ごしましょう。

基本情報Milky Way Prince – The Vampire Star

開発者
Lorenzo Redaelli / Eyeguys
パブリッシャー
Santa Ragione
リリース日
タグ
物語
インディー
ホラー
レーティング
プラットフォーム
WindowsMac

虐待関係や、理想化そして愛情行為に関するビジュアルノベル。

Milky Way Prince Image

感情の嵐

枝分かれするストーリー、歪み、突然の変化、そして自分のボーイフレンドに使う感情を選ぶ特別のメカニズムを通して、ぎくしゃくした恋の夏を過ごしましょう。これらの瞬間で、彼のことや彼の性格、そして過去のことがわかり、プレイヤーはすべてに疑問を感じるようになります。

事実に基づくストーリー

『Milky Way Prince』は、若手作家ロレンゾ・レダエッリの半自伝的なストーリー。デザイン、プログラミング、イラスト、作曲はすべて彼自身によるものです。
「境界性パーソナリティ障害のパートナーとの経験を通し、彼との恋は、まるで二重星系の一部になるようなものだと思いました。それは、宇宙の中で最も稀で貴重なものですが、距離が近づくにつれ不安定になっていきます。」
Milky Way Prince Image
「私のアイデアは、この普通ではない人間関係の動態を理解するための努力をプレイヤーに要求する、没入型の体験を作り出すことでした。プレイヤーが交流するキャラクターは、自分達の行動をプレイヤーの行動に適応させていきます。彼らは学術的な専門用語を使って「怒りのテスト」や「愛の爆弾」を仕掛けてきます。あるいはプレイヤーに罪悪感を感じさせます。ストーリーの筋は枝分かれし、「服従」や「興味」のような不確定要素によって導かれ、それぞれの交流で変動します。」

ハイライト

  • 半自伝的なダークロマンスのストーリー
  • 枝分かれするストーリーの筋と複数の結末
  • 親密で新しい感覚のゲームプレイシステム
  • 丸尾末広と湯浅政明に着想を得たキャラクター
  • ロバート・ウィルソンの舞台デザインに影響を受けた3D環境
  • 30分を超える、バロックテクノポップのオリジナルサウンドトラック

受賞歴

2019年度Game On(アルゼンチン)、 Codemotion(イタリア)そしてGame Happens(イタリア)で入選。

警告

このゲームには、虐待や境界性人格障害の表現が含まれており、類似した経験のある人を含め、人によっては苦痛や不安を感じる場合があります。

エディション

『Milky Way Prince – The Vampire Star』
エディション
『Milky Way Prince – The Vampire Star』
複数の結末を持つ、7つに枝分かれするチャプターをプレイし、NukiとSuneの物語を体験しましょう。シングルプレイを一度クリアするまでに要する時間は2~3時間です。ゲームのみ:オリジナルサウンドトラックは、別売り、またはゲームとのバンドルで入手できます。
現在のページ
『Milky Way Prince』ゲーム&サウンドトラックバンドル
エディション
『Milky Way Prince』ゲーム&サウンドトラックバンドル
フルバージョンのゲームと完全オリジナルサウンドトラックを入手しましょう。サウンドトラックには、ゲームの作者、ロレンゾ・レダエッリによって書き下ろされた、30分以上に及ぶバロックテクノポップの音楽が収録されています。

アドオン

『Milky Way Prince – The Vampire Star』オリジナルサウンドトラック
アドオン
『Milky Way Prince – The Vampire Star』オリジナルサウンドトラック
イタリアと日本の影響を受けたバロックテクノポップの旅:ゲームの作者、ロレンゾ・レダエッリによって書き下ろされた、30分以上に及ぶ全13曲のオリジナルトラックをお楽しみください。

フォローしてください

仕様

Windows
MAC OS
最低
推奨
OS
Windows 7 SP1+
OS
Windows 10
プロセッサ
2.0GHz CPU
プロセッサ
2.0GHz CPU
メモリ
4GB
メモリ
8GB
ストレージ
3GB
ストレージ
3GB
ログイン
Epic Gamesのアカウントが必要です
対応言語
  • 音声:英語
  • テキスト:フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、スペイン語(スペイン)、英語
© Lorenzo Redaelli, 2018-2020.Published by Santa Ragione.All Rights Reserved.プライバシーポリシー